太陽光分譲について
トップページへ
ソラーステーション センサーについて 分譲のご案内 保険・保障制度 会社情報 お問合わせ
 トップページソーラーステーションについて太陽光分譲について
  ソーラーステーション
  太陽光分譲について
  太陽光分譲の購入・その後の流れ
  保険・保証制度
  センサーについて
  分譲のご案内
  お得な情報
  よくあるご質問
facebook
株式会社高揚 販売事業部
協力企業様
AIDU
株式会社ケーデーシー
太陽光分譲について
エネルギーアップと安定発電により投資の早期回収と
 

太陽光分譲とは「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を利用し、太陽光発電を建設 し発電した電力を売電し、
それを利益とするものであり、1区画10kW以上50kW未満の太陽光発電設備を購入する ことです。
弊社では定額で管理料をいただいております。
(詳しくはお問い合わせよりご連絡くださ い。)

分譲太陽光では、マンション暮らしや自宅に空いたスペースがなく設置箇所が設けられな い。 といった方に、
弊社が準備した場所で太陽光を運用していただけます。

弊社、契約の分譲箇所では日射量など十分に検討し、モジュールシステムや施工業者の選定も、
厳選しておりますので安心した投資が可能となります。

 
再生可能エネルギーの固定価格買取制度について
  太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなどにより発電者が発電した電気を電力会社が一定の期間・価格で
買い取りを行う事が義務づけられています。この制度のもと買取りし収益を得ます。
このため、再生可能エネルギーによる発電に取り組む方には、設備投資など、必要なコストの回収の見込みが
立てやすいです。
平成24年7月の制度開始から、太陽光発電をはじめとして再生可能エネルギーの導入は着実に進んでおり、
今後更なる拡大が期待されます。
この電力会社が買い取った再生可能エネルギーの電気は、送電網を通じて皆が使う電気になります。
このため、再生可能エネルギーによる電気を電力会社が買い取る費用は、電気を使用する皆さんから、
電気料金とあわせて、「賦課金」という形で集められています。
 
  電力会社による買取価格・期間は、国が原則として毎年度見直しを行い、
電力会社による買取価格・期間については、再生可能エネルギー源の種類や規模などに応じて、
中立的な第三者委員会(調達価格等算定委員会)が公開の場で審議を行い、 その意見を受けて、
経済産業大臣が告示します。
買取価格・期間は、再生可能エネルギーの種類ごとに、通常必要となる設置コストなどの 実態を反映して、
原則として毎年度見直します。法の施行後3年間は、集中的な再生可能エネルギーの利用の拡大を図るため、
再生可能エネルギーの供給者の利潤に特に配慮することとしています。
 
 
 

この制度に基づく電気の固定価格買取契約を締結し、電力会社に電気を売る(売電)ためには、
それぞれの設備について、設置場所の地域を管轄する電力会社へ受給契約申込をし、
接続契約締結後、国へ事業計画を提出し「認定」の申込をします。

 
10kW以上50kW未満の太陽光発電の場合は、一般社団法人太陽光発電協会「JPEA代行申請センター」宛てに
インターネット申請で申請することになります。
   
 
トップヘ
 
  お問い合わせ  
トップページ お得な情報 会社情報
ソーラーステーションについて よくあるご質問 ご挨拶
太陽光分譲について   会社概要
太陽光分譲の購入・その後の流れ   アクセス
保険・保証制度   採用情報
センサーについて 個人情報保護方針
分譲のご案内 勧誘方針
    お問い合わせ
    サイトマップ
Copyright(c) Kouyou Co.Ltd., All rights reserved.